エラのコンプレックスを、注射で手軽に解消しよう

サイトメニュー

美容整形術で顔をスリムに

注射器

難しいエラの張りをスリムにできる

ダイエットをして身体はスリムになっても、何故か顔だけがスリムに小顔にならない場合があります。脂肪を落としても顔が大きく見える背景にはエラが張っている場合があります。エラが張るのは骨の構造上仕方がない事もありますが、骨以外に筋肉が発達しているからという場合があります。咬筋が発達している事によりエラが張った様に見えるのですが、咬筋は食事時に咀嚼等で日常的に使う筋肉です。筋肉は使用を抑える事で小さくはなりますが、咬筋を小さくする事は日常的に使う事から難しいです。咬筋だけを狙って小さくする事ができるのが、美容整形術の1つであるボトックス注射治療になります。ボトックス注射治療はボツリヌストキシンと言う薬剤を注入する施術方法で、その薬剤は筋肉の緊張に関わる神経に作用して筋緊張を和らげる効果があります。それにより普段の様に咬筋を使用していても、徐々に筋肉を小さくする事ができます。筋緊張を和らげると言ってもこの治療方法は日常生活に支障は現れず、食事の際に食べ難くなったりはしません。副作用もなく安全性も世界中で認められており、注射するだけで普段通りの生活をしながら自然と咬筋がスリムになっていき小顔を目指す事ができます。咬筋を小さくする事は普段の生活を送る中では困難ですが、その困難な事をボトックス注射治療により手軽に克服する事ができるのです。
ボトックス注射治療で使用するボツリヌストキシンは、天然のたんぱく質であり人体に悪影響をもたらす心配はありません。医療現場では以前より痙攣や痙縮の治療で使用されており、医療業界での実績から安全性も立証されています。現在では世界70ヵ国以上で美容医療に使用されており認められています。日本でもボツリヌストキシンは2009年に厚生労働省が安全性を認めています。小顔効果やしわ改善、脚痩せ等の治療に使用されています。このボトックス注射治療で使用されるボツリヌストキシンには大きく分けて2種類あり、1つが以前より医療現場でも使用されて世界中で安全性が認められているアラガン社製です。そしてもう1つがジェネリック薬剤になりますが、ジェネリックは正規品の同一成分同効果にも関わらず価格は正規品の半額以下になるので愛用されている方も増えています。しかしジェネリックと言えども1つではなく、生産国や会社は沢山あります。正規品であるアラガン社製は副作用やトラブルの報告はありませんが、ジェネリック薬剤は少なからず副作用の報告があります。生産国や会社によって粗悪品もある事から選択時にはしっかりクリニックの医師に確認が必要になります。小顔効果があるからと安易に薬剤を選択する事はトラブルの基になるので、施術を受ける際にはしっかりと注意事項を医師に聞く事が重要です。

Copyright© 2019 エラのコンプレックスを、注射で手軽に解消しよう All Rights Reserved.