エラのコンプレックスを、注射で手軽に解消しよう

サイトメニュー

クリニック選びは慎重に

女性

注射するだけで理想の姿に近づける

ボトックスによる小顔施術は注射をするだけなので、どのクリニックで受けても変わりないと考えている人もいるようです。しかし、理想の輪郭に仕上げるためにはクリニック選びが大切になります。クリニックを選ぶ基準は、安全性を重視していることが一番です。他のクリニックと比較して料金が安すぎるところは、厚生労働省やFDAの認可を受けていない安価なボトックス製剤を使用している可能性もあるので、しっかり確認しましょう。アメリカ製のものや、ドイツ製のものは認可を受けているので安心です。料金の安さを基準にクリニック選びをしてはいけません。次に、医師の技術力もクリニックを選ぶ基準となります。ボトックス認定医が在籍しているのがベストですが、そうでない場合でも口コミなどを参考にして技術力の高さを確認しておきましょう。症例数の少ない医師の施術では、ボトックスの注入量が不十分、もしくは多すぎたり、注射する場所が的確でなかったり、内出血を起こしたりする可能性もあります。満足できる小顔になるためには、事前調査も必要となるのです。いくつかのクリニックのカウンセリングを受けてみて、メリットとともにリスクを教えてくれたり、丁寧に施術方法を説明してくれたところを選ぶとよいでしょう。
ボトックスによる小顔施術の特徴は、メスを使うのではなく注射だけでフェイスラインを整えられることです。ただし、筋肉を弛緩させるというボトックスの特性を活かした施術であるため、筋肉性のエラにのみ大きな効果が得られます。注射をしてから2週間から1ヶ月で見た目に変化が現れ始めるので、施術を受けたことが気づかれにくいのも特徴です。人に知られずに小顔になりたい人にメリットのある施術方法といえるでしょう。ボトックスによる小顔施術は、施術時間が短いのも特徴にあげられます。5分から10分程と短いうえ、腫れや赤みなどもほとんど現れないため、施術を受けた後に普通に出勤することも可能です。効果の持続期間は3ヶ月から6ヶ月で、定期的に注射をすることにより持続期間をのばすことができます。6回ほど続けるとエラの筋肉が衰え、注射する頻度が1年に1回ほどになったり、半永久的に小顔が手に入れられたりします。ある程度の期間は必要となりますが、長時間の手術をしたり、傷跡を残したりせずとも、理想のフェイスラインが手に入れられるのがメリットといえるでしょう。万が一仕上がりが気に入らなかった場合も、時間と共にボトックスが吸収されて元の状態に戻るので心配はいりません。

Copyright© 2019 エラのコンプレックスを、注射で手軽に解消しよう All Rights Reserved.